事業内容


SUGITOは、真面目でカッコいい会社です。

全てを経験して

イメージ写真

我が社は、現在では美容業一本ですが、2014年5月までは五月人形製造卸部と、美容サロン事業部の二つの事業を柱とする多角化企業でした。

人形事業部では、30年近く人形の小売店を営業していたこともありますし、また、他事業部では飲食店を運営していた時期もありました。

つまり、杉戸は製造、卸、小売り、サービスという全流通段階の事業をすべて経験してきた企業なのです。

 

美容室経営(イレブンカット)

2S事業部写真

⇒11cut本部ホームページ http://www.11cut.com/

決して早くない。でも、遅くはありません。決して安くない。でも、高くもありません。「11分で生まれ変わる」ことのできる美容室イレブンカットのCut&Blow。1575円。メニューの切り売りをしただけなんです。

通常セットで売っているカットをカットだけで売ったら、1575円は適正価格。11分のカットもプロが真剣になれば適正時間。カラーやパーマもお手のもの。持ち込みカラーというメニューだってあるんです。要は、「お客様の欲しいものだけを売る」美容室。そこには、飲みたくもないお茶、下手なマッサージ、時間つなぎのリップサービスもありません。結局待たされる予約もありません。透明感溢れる、清潔なお店で、欲しいメニューだけをお選び頂ける美容室なのです。



「全ては人」

組織人としてのスタイリストの育成

一見、これらの事業は何のつながりもなく見えますが、我々の中でしっかりとつながっています。そのキーワードは、「人の育成」です。
人形の事業部は、節句に関わる事業そのものが「日本の子供たちの育成」につながります。

そして、若者たちのアルバイトの定番である飲食事業では、事業そのものを若者
たちの「社会への登竜門」と位置付け、彼らを真っ直ぐな大人に育ててきました。

そして、美容事業においても、突き詰めれば「全ては人」、どこへ行っても通用する組織人としてのスタイリストの育成を目指しています。

人の最高の境地を目指して

人の最高の境地である「一体感」

どんな職種においても、人の育成は常に技術力と人間力の拡大バランス。どちらかに偏ると真っ直ぐ伸びて行きません。人形製造も美容も技術職。ですから、どうしても技術重視になりがちです。人とのつながりが希薄であり、チームワークも乱れ易い。

しかし、そこに人間力(考え方と心の知能指数)が加わると、リードやサポート、フォローという共同、協力の発想が生まれ、チームとして機能し出し、人の持つ本来の力が発揮されます。

そして、それは、いつしか人の最高の境地である「一体感」(強い仲間意識やつながり)を生み出します。実は、それが杉戸の目指すものなのです。

「信頼の人・明日の形・温もりの時」という経営理念の下、確かな技術と圧倒的な人間力で、心地よい「一体感」を生み出していく。企業に理念を、人に誇りを。SUGITOは、そんな真面目でカッコいい会社なのです。




▲このページの先頭へ